金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

究極の筆 『長峰面相』

Toyofumi Kaneko | 2016 - 12 - 10

究極の筆 『長峰面相』

絵は何かを絵の具としてどのようにか画面に付着させたものです。

何回かに分けては普段当たり前に使っている筆について書いてみたいと思います。

筆は画家の指先という例えがありますが、実際には指先よりも

繊細な働きをしてくれるのが筆です。

実際に指先に絵の具を付けて絵を描いてみると分かりますが

「付ける」「乗せる」「こすり込む」「まぶす」これらの絵の具の付け方の

ニュアンス表現やヴァリエーションは筆の方が遥かに優れています。

画材屋さんに当たり前の画材として並んでいる筆達は

形、太さ、毛質、などの違いによってヴァリエーションも豊かです。

「付ける」「乗せる」「こすり込む」「まぶす」などの表情を

細かく表現できるようになったのは筆を発明した人のおかげで

絵画表現の幅が大きく広がった事はまちがいありません。

そんな筆の最終進化形とも言える筆があります。

下の写真は「筆匠 上村」旧)土生天祥堂の長峰面相筆です。

IMG_4856 のコピー

IMG_4861 のコピー

軸を抜く事が出来ます。

IMG_4865 のコピー

そして写真の様に紐の引き加減で毛足の長さを変える事が出来る構造になっています。

IMG_4863 のコピー

IMG_4866 のコピー

参照 → 名筆たちの現在『土生天祥堂』から『筆匠上村』へ

『筆匠 上村(ヒッショウ カミムラ)』   TEL 03-3990-1626

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS