金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

便利小物 絵の具空チューブ 

Toyofumi Kaneko | 2016 - 04 - 18

油絵の具を扱い慣れてくると、自然に良く使う自分の基底色が見えて来ると思います。

ここで言う基底色を別の言い方をすると

『画面をパッと見た時の全体の色味の雰囲気傾向』です。

混色で得られる色であれば大量に作って保存して置ければ便利ですね。

油絵の具は空気に触れなければ酸化して固まる事はないので

こういう場面で重宝するのが、『絵の具の空チューブ』です。

IMG_4268 のコピー
IMG_4265 のコピー

使い方は以下の通りです。

練った絵の具をキャップを閉めたままお尻から入れます。

IMG_4270 のコピー

チューブの中の空気を抜くためにキャップを下に向けたまま

トントントン、、、とやります。

気泡が浮いて来なくなるまでしっかりと空気を抜いてください。

IMG_4277 のコピー

お尻を閉じて写真の様に2,3回折り曲げます。

IMG_4279 のコピー
IMG_4284 のコピー
IMG_4292 のコピー

作った年時をラベルして出来上がりです。

IMG_4295 のコピー
IMG_4298 のコピー

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS