金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

私の絵画教室は5つのカテゴリーで構成された、明確な理解と上達を目指す方を対象とした絵画教室です。制作の中で、何がわからないのかがわからない状況から、スッキリ全てがわかった気分になれる様に、制作の基本部分の構造を解き明かして行きます。特に『絵画実践プログラム』では毎回テーマをはっきりさせて制作していただきますので、明確な達成感や敗北感を味わう事ができるはずです。当講座が、本物の個性溢れる制作に分岐する地点までのみなさんの理解の一助になれば幸いです。

絵の飾り方

Posted by Toyofumi Kaneko on 2月 - 6 - 2017

絵の飾り方について質問を受けたので少し書いてみます。 『絵の飾り方』 絵を飾るのには壁が必要です。 昔の日本は建築物に壁は有りませんでした。 柱と襖で構成されたフレキシブルな空間、襖を取り払えば部屋の広さを 自在に広げる  [ Read More ]

遠近(手前、奥) 『ミケランジェロの不思議』

Posted by Toyofumi Kaneko on 1月 - 30 - 2017

絵の中で手前と奥を描き分ける方法として大気遠近法や パースペクティブを使ったものは有名です。 手前に比べて奥は弱い様子に描く(コントラストを下げて描く)事や 手前の物に比べて遠くのものを小さく描く事で遠近感を感じさせよう  [ Read More ]

絵の具の厚さ 『ゴッホの不思議』

Posted by Toyofumi Kaneko on 1月 - 29 - 2017

上の写真の絵の具は厚い所で4~5mmあります。 この厚さで塗ってしまうと乾燥する過程で絵の具の収縮により皺が寄ることは避けられないでしょう。 油絵は絵の具が厚く使われるイメージがあるかもしれませんが 実際にはそれほど厚い  [ Read More ]

油絵の具のこと

Posted by Toyofumi Kaneko on 1月 - 28 - 2017

油絵の具の構造は顔料+乾性油が基本です。 チューブから出した絵の具はどれも同じ様な固さになっていますが 同じ乾性油でも合わせる顔料によって練ったときの状態は様々です。 そこで絵の具の物質的な状態を揃えるために致し方なく体  [ Read More ]

制作中の画面との対話

Posted by Toyofumi Kaneko on 1月 - 26 - 2017

エスキースはあくまでプランであり本番前にイメージを明確化させるために行う準備です。 出来るだけ詳細に制作の道筋が見えている事が望ましいのですが 本番制作が『エスキースの模写』になってしまうのはイケマセン。 制作途中に起き  [ Read More ]

白い画面とにらめっこ

Posted by Toyofumi Kaneko on 1月 - 25 - 2017

今日は描き始める前の真っ新な画面を一日中見て過ごした。 この一枚がどんな絵に仕上がるのか描く対象も未だ決まってはいない。 確かな事から閃きに似たものまで精一杯門戸を広く眺める時間。 描き始めてから完成までは出来るだけ短時  [ Read More ]

手作り画材で再認識

Posted by Toyofumi Kaneko on 1月 - 23 - 2017

有るのが当たり前になってしまうとその価値を認識するのが難しくなるのは 何に限らず同じだと思います。 画材の世界でも筆、絵の具、キャンヴァス、木炭、等々は その昔は画家自らの手で作っていたものです。 そんな画材たちへの認識  [ Read More ]

RSS