金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

鉛筆の芯

Toyofumi Kaneko | 2016 - 03 - 19

シャープペンシルに慣れた方々に以外に知られていないのが、
鉛筆の芯は硬度(○H~○B)の違いによって芯の太さが違う事です。
○Hよりも○Bの方が芯が太く作られているのは
黒味が濃い鉛筆は、黒鉛の比率が高いので柔らかくなります。
つまり折れやすいから太く作られています。
写真は5Hと6Bです。
IMG_4159 のコピー
絵を描くときの鉛筆は必ず手で削って写真の様に鉛筆を紙に対して寝かせて使えるようにします。
IMG07856IMG07860
また、芯を研ぐときは下の写真の様な芯研ぎがあります。IMG_4143 のコピーIMG_4146 のコピーIMG_4156 のコピーIMG_4158 のコピー
鉛筆を差し込んでクルクルッとまわすだけで、針の先程に芯が尖るので大変便利です。
私も愛用しています。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS