金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

「今は無き画材たち」顔料

Toyofumi Kaneko | 2016 - 02 - 02

顔料

絵の具になる顔料はどれも純度の高い彩度、色相、を持っていなければならないので
結果的にそれが毒物と言う事もあります。
もちろん絵の具に使われる顔料は毒と言っても猛毒の類ではありません。
また油絵の具の場合には顔料の粒子は油分に包み込まれていますから
食べたりしなければ全く無害です。

絵画は美しい物質そのものでなければなりませんから
絵の具は単に色の問題だけではなく品位ある物質感が大切です。

海外ヨーロッパの絵の具メーカーから姿を消した色にヴァーミリオンがあります。
ヴァーミリオンの使用顔料は硫化水銀です。

大した害にもならない微々たる絵の具顔料程度の使用量の
何を問題にしたのかわかりませんがヒステリックな反応をする輩のせいで、
伝統ある基本色が一つ無くなりました。

ヴァーミリオン(硫化水銀)顔料

ヴァーミリオン(硫化水銀)顔料

幸い日本には漆器の世界があるのでヴァーミリオン(硫化水銀)の顔料が無くなることは無さそうです。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS