金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

金子豊文ホームページ

描く事は考えることであり、事物の真の姿に眼を向けること。そこに在って見えない、目の前に在って感じることが出来ない美。美感の復興は全ての生き物達にとっての渇望である。未だ幼い頃に感じた驚きや疑問の数々、私は制作の中で美を使いそれらを解き明かし、やがて宇宙の摂理と出会うだろう。そういった日々の制作の姿勢を「美感のルネサンス」と名付けたい。

Drawing is Thinking.
For me,Drawing is same as Thinking and turning my eyes on true things.Beauty cannot be always seen nor felt easily,though it exists everywhere.We need to improve our"Aesthetic sense" to find out.I have been trying to clear questions and wonders which I felt in my childhood through Drawing and Thinking everyday,which may lead to the touch of providence of the universe. I call it by myself "Renaissance of Aesthetic sense".
金子豊文|最新作

巨匠との同居生活(神田古本街で)

Toyofumi Kaneko | 2016 - 07 - 31

神田の古本街はそれまでも数回行ったことがあったけれど 知っていたのは美術書を扱う数店だけだった。 地下鉄駅から神田川を渡り御茶ノ水駅からの坂を下りきったところで靖国通りと交わる。 そこは書店街の中心で表通りから一本或いは  [ Read More ]

巨匠との同居生活(神田古本街へ)

Toyofumi Kaneko | 2016 - 07 - 30

私が住んでいた池袋から神田の古本街までは地下鉄と徒歩で30分程で行けた。 事情を話して特別に仕送りしてもらったお金を手に画集を探す。 私が探すのは、素描の画集でミケランジェロのものだった。 出来るだけ印刷のクオリティーが  [ Read More ]

巨匠との同居生活(経緯)

Toyofumi Kaneko | 2016 - 07 - 29

私が18歳で上京し通ったS美術学院でカリキュラムが始まって間もなく 先生から言われた事があります。 「巨匠の作品を見て、すごいなー、と思うままではいけない。」 「巨匠は自分と同じだと思ってその作品を観なさい」 当時、絵の  [ Read More ]

パンと練りゴム

Toyofumi Kaneko | 2016 - 07 - 28

木炭でデッサンするときにはパンを使います。 鉛筆でデッサンするときには練りゴムを使います。 どちらも一旦画面に付けた描画材料を調整して取るために使用しますが これを逆にして使ってみると木炭と鉛筆の特質、 それぞれの粒子の  [ Read More ]

『無茶なことをしない』は絵画制作での一つの極意ですが どこにも無理の無い巨匠たちのデッサンに描かれる迷いの無い線や、 的確な明暗のトーン等はやはり才能の差なのでは?と思ってしまう方も多いかもしれません。 安心してください  [ Read More ]

絵の具練りの一日

Toyofumi Kaneko | 2016 - 07 - 26

今日は絵の具練りの一日でした。 市販の油絵の具をベースに白亜地刻描に耐える絵の具になる様油分を独自に調整します。 私の画法は油絵の具を限界使用する画法です、 故に絵の具の調整は大変シビアです。 一旦着色しておいてそれを削  [ Read More ]

根性描きは永遠の基本

Toyofumi Kaneko | 2016 - 07 - 25

モチーフの全体と部分は相互に影響しあって出来上がっています。 先ずはその事を実感することが大切です。 根性描きの第一の効能はそこにあります。 形が、質感が、パースペクティブが等、一切の能書きを捨て置いて、 ひたすら描いて  [ Read More ]

油絵の具の混色をする場合、数色を混ぜれば出来る色を わざと多くの色を混ぜて作ることがあります。 彩度、明度、色相、それぞれに於いて同じ色であっても 混色数の違いで発色の仕方に違いがあるからです。 油絵の具は色ではなく、あ  [ Read More ]

F≒HB HB≠HB

Toyofumi Kaneko | 2016 - 07 - 23

6H、5H、4H、3H、2H、H、F、HB、B、2B、3B、4B、5B、6B、 鉛筆の硬度の違いは、紙に対して付く濃さの違いでもあります。 6HとHBやHBと6Bの様に硬度に大きな差がある場合には 同じ筆圧で書いた黒味の  [ Read More ]

3人のネコ

Toyofumi Kaneko | 2016 - 07 - 22

今日などは例によって例のごとく、何とか今日の分の文章をひねり出そうとしていると、 細がやってきて、イーゼルの上の描きかけの絵を指して  「パパが描く絵はみんなパパに似てる」などととぼけたことを仰る。 ちなみに描かれている  [ Read More ]

RSS