金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

制作の日常 ちょっとした工夫 その1

Toyofumi Kaneko | 2016 - 02 - 18

油絵の具は乾燥に時間がかかるとは言え、一旦固まってしまうと元には戻せません。

制作中練って作った色も次回の制作まで

日にちがあったりすると表面が固まってしまいますね。

油絵の具がチューブの中で固まらず何年何十年と

絵の具の状態を保つのは空気に触れないからです。

空気に触れることで油分が酸化して固まるわけですから

単純に空気に触れさせなければ絵の具は固まりません。

日常的にそうするのにはサランラップを絵の具に密着させておけばOKです。

enogukufuu
こんな感じ

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS