金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

色々な大きさの絵の具チューブ

Toyofumi Kaneko | 2016 - 07 - 20

夕方になってアトリエにネコが登場すると今日の仕事もボチボチ上がりです。

日中はどこに居たのか気配無しだったネコ達は

もうすぐもらう予定のマグロの催促で大変煩い。

一日制作して大分疲れているところにこう言う攻撃にあっては

今日の分の文章など思いつきそうもありません。

IMG_4641 のコピー

色々な大きさの油絵の具を並べてみました。

小さい方から順に20ml,40ml,50ml,60ml,110ml,200ml入りです。

このほかに缶入りの350ml入りのものもあります。

油絵の具のチューブは絵の具の中では一番大きなものです。

写真ではよくわからないと思いますが、一番大きなチューブは巻き寿司一本のイメージです。

ちなみにこの絵の具はブロックス(ベルギー製)が米国向けにだけ作っていた仕様です。

今日はこれにて。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS