金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

少なからず凸凹のあるキャンヴァスの織り目は、

木炭紙に木炭でデッサンする時にそっくりの働きをします。

同じ絵の具を同じ筆で画面に付ける場合にも、表面に引っ掛けて

かすれさせる様な描き方と、こすり込む様な付け方では色味は異なります。

「トーン(濃淡)の性質の違い」および「木炭と油絵の具の共通点」参照

木炭は一色、油絵の具は十数色からスタートして

無限数の色味表現を試みることで見応えの有る絵になります。

キャンヴァスの織り目があることは、絵の具を混色するのと同様に

色味のヴァリエーションを作ることが出来る大切なアイテムなのです。

混色してグラフィックに塗る事を、縦×横 とすると

キャンヴァスの織り目を使って絵の具の付け方を工夫することは 縦×横×高さ 

の様に組み合わせの軸が一本増える様なものです。

追伸

限られた数から無限を表現するのは芸術の真骨頂です。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS