金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

取り返しが利く様に描く

Toyofumi Kaneko | 2016 - 11 - 08

制作を始める前の画面は絵としての要素は何も無い状態です。

無表情で真っ白な画面に手を入れることに緊張感を持って接する感覚が大切です。

描いてみて初めて自分のイメージが上手く描けたのかそうでないのかがわかります。

しかも大抵は誤差や歪みがあって一気には上手く描けないものです。

そこで、「取り返しの利く様に描いて画面の様子を伺う」様に描き進めます。

ミケランジェロのデッサンの場合にも決めの描写の下には

それを可能にする下書きが用意されています。

(真っ白な画面にいきなり決めの描写をして行った訳ではありません。)

絵を描く事が上手な人は、この決めの描写の為の準備が上手いのです。

最初は微かにアタリを付ける事から始めて、次にそれよりも少し強い様子で

修正して、その後本決めの描写をするといった具合にします。

「描き始める前の真っ白な状態を大切にして、少しずつ強く描いて行く」

これを肝に命じましょう。

下の写真はミケランジェロが描くプロセスが分かるデッサンなので載せておきます。

IMG08033

IMG08034

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS