金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

「今は無き画材たち」錫チューブの油絵の具

化学的に安定していて柔らかく、指に馴染み、絵具を最後まで綺麗に絞り出せる
錫チューブの絵具は画材屋から姿を消してしまいました。

制作中絵具箱にパッと手を伸ばし、サッとキャップを外し、適量を絞り出す。
その一連の動作中も、頭の中はイメージの鮮度を落とさない細心の注意が払われます。
画面やモチーフから眼を離す時間は最短かつスムーズでなければなりません。
その際、チューブの手触りさえも大切なソノリテなのです。

錫チューブ

錫チューブの油絵の具

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS