金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

究極の筆 『鼬毫』

Toyofumi Kaneko | 2016 - 12 - 13

究極の筆 『鼬毫』

IMG_4877 のコピー

IMG_4879 のコピー

この筆も名前の通りイタチの毛を使った筆です。

イタチの毛にも色々な種類があります。

また一見同じようにも見える筆達は毛質だけでなく構造の面からも

その筆独自の描き味を支える工夫に満ちています。

IMG_4878 のコピー

筆立てに有る時は上の状態の鼬毫の毛先は絵の具を含ませると

下の写真の様に見事に一点に集まります。

IMG_4880 のコピー

もし1本の筆だけで絵を描かなければならないとしたら私は鼬毫を選ぶでしょう。

絵の具をぼかす使い方を除いた他の全ての場面で

オールマイティーに活躍してくれる事と、画面から片時も目を離したくない、

パレットに絵の具を継ぎに行く手間も惜しい時や

筆致の連続性やリズム感が欲しい場面では鼬毫の独壇場です。

『筆匠 上村(ヒッショウ カミムラ)』   TEL 03-3990-1626

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS