金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

テレピン油は生鮮画材

Toyofumi Kaneko | 2016 - 09 - 28

私が持っている油絵の具では30年以上前のものが、

ちゃんとした絵の具の状態を保っていますし、

筆も同様に使い込んですり減りこそすれ、

経時変化でダメになることはありません。

鉛筆、木炭、コンテ、キャンヴァスなども相当の時間が経っても

良い状態を保っています。

そんな比較的長持ちするものが多い画材の中で

変質し易いものの代表がテレピン油です。

精製度の高いテレピン油は芳香成分αピネンが多く含まれ

良い香りがしますが、変質したものは匂いが変わって

ベタついた感じになります。

絵の具を薄めたり、石鹸で洗う前に毛に付いた絵の具を

すすぎ落とすのにも使うテレピン油は画家にとって

もっとも頻繁に使われる油分です。

常に新鮮なものを用意して一日の制作が終わったら

持ち越したりしないで捨てる様に心がけましょう。

追伸

視覚偏重が絵の世界と思われるかもしれませんが

制作に関わる所では他にも嗅覚を頼りにする機会が結構あります。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS