金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

究極の筆 『白桂』

Toyofumi Kaneko | 2016 - 12 - 11

究極の筆 『白桂』

『白桂 小』は私が通常使う筆の中で一番細い筆です。

この筆は猫の毛の筆で細さと同時に最も筆跡を残しにくい特徴があります。

IMG_4869 のコピー

IMG_4870 のコピー

油絵の具は絵の具の厚薄の抑揚で発色する色味を変える使い方をしますが

その際に薄めた絵の具で描いた所を更にもう一段階

微妙な調整をするシーンはこの筆の独断場です。

文字通り猫ッ毛の毛の柔らかさが微細な厚薄による絵の具の効きを調整可能にします。

筆先がシャープに一点に集まる極細の『白桂』ですが、下の紅い軸の筆をご覧ください。

白桂よりも更に細い仕上げの筆です。

IMG_4872 のコピー

私の制作に必要となることは有りませんが『筆匠 上村(旧 土生天祥堂)』さんの

究極の技術がお分かりいただけると思います。

私の宝物の一つです。

『筆匠 上村(ヒッショウ カミムラ)』   TEL 03-3990-1626

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS