金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

仏像が好きでひょっこり奈良へ出掛けたりもする私ですが

ふいっと近場のドライブに出たりすることもあります。

そんな気分転換で見つけた千葉県にある世界の第一級彫刻をご紹介します。

『長南町  称念寺 本堂の欄間 龍三体』

『鴨川市  清澄寺 一刀彫り  鎮火牛』

 
どちらもたまたま見つけた名品でした。

皆さんも予備知識無しで行ってご覧になってみて下さい。

どちらも写真は載せない様にしておきます。

追伸

少しだけ説明しておきます。

『称念寺 龍三体』 は北斎にも影響を与えた、波の伊八の作です。

リアルです、欄間彫刻ですからわずか数十センチの幅ですが

その中に数十メートルの奥行きを感じさせます。

伊八の最高傑作だと思います。

『清澄寺 鎮火牛』 は左甚五郎作と伝えられています。

形を抽象すると言うことの意味がこの牛を見れば分かると思います。

抽象の粋で出来上がっています。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS