金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

「なぜ猫?」

Toyofumi Kaneko | 2016 - 01 - 28

「なぜ猫?」

私の絵をご覧になる方々から時々聞かれることなのでお答えしておこうと思います。

1.「白亜地刻描」の特質を発揮できるモチーフ
猫は毛だらけです。
極細い削られた線の集積が持ち味のわたしの画法に打って付けです。

2.身近で取材観察がしやすい。
明確さは私の制作の粋です。
描く=削ることで作られていく私の画面に失敗は許されません。
描く(削る)イメージは明確でなければならず
しっかりと観察取材出来ることは必須なのです。

3.自由の象徴
私は「自由」を尊びます。
人間の身近に居ながら、野生を残した猫が
自由のイメージと重なるのかもしれません。

4.番外編
猫はわたしの人生に最初から関わりがあります。
生まれて直ぐのこと、命名「かねことよふみ」
この時から猫との付き合いが始まっていた様です。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS