金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

落ち着くにおい

Toyofumi Kaneko | 2016 - 10 - 06

私は画面を前に考えがまとまらなかったり、

何となく手が動かない時などによくやる事があります。

真っ新なパレットにテレピン油を出して香りを嗅ぐだけなのですが

多くの場合、気分が落ち着き何処からともなく制作モードに入れる様です。

テレピンには実際に芳香成分が含まれていて良い香りがします。

また、描きかけの画面に鼻を近づけて絵の具に含まれる亜麻仁油の甘い香りを

嗅いでみるのも同様の効果があるのでたまにやります。

そう言えばにおい成分は直接的に脳に届くと聞いた覚えがあります。

画家は自分を乗せる為に経験的に嗅覚の助けを

借りると良いことを知っている様です。

因みに今日のブログは何も考えが浮かばなくて、気が付いたら

パレットにテレピン油を出していたのでこうなりました。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS