金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

向き不向きについて

Toyofumi Kaneko | 2016 - 11 - 01

テーマの種類によらず多くの人が、向き不向きを気にすると思います。

絵の場合にはそれを才能が有る無い、と考えるかもしれません。

そして既に取り組んでいるテーマや仕事があって向き不向きを考える時は

多くの場合辞める理由を探している時でしょう。

何事に限らず「○○そのものに向いていない人」はほぼ居ません。

ほぼ居ないと書いたのは、例えば絵に取り組もうとした時に

目が見えなかったり、手に障害が有ったりというケースを考えてのことです。

○○に向いていない人が居ないのと同様に○○に向いている人も居ません。

才能が全てと思われがちな絵の世界でもAと言う要素について

予め到達度が高ければ、その反対要素Bは手付かずだったりします。

名画を描く為に必要な才能は何十種類もあります。

その中には相対する要素を併せ持つものも多くあります。

優しい人が優柔不断で在り易かったり

意志が強い人が頑固者の場合が多い様に

全てを押しなべてみれば、向いているも向いていないも、

才能があるも才能が無いもありません。

安心してやり続けましょう。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS