金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

第二章

Toyofumi Kaneko | 2012 - 02 - 20

左目と右目

左右の目は一方が寒色系でもう片方が暖色系に偏って見えています。

右目だけと左目だけで同じ所をそれぞれ交互に見比べてみるとわかります。

 

色ではなく物

絵の具は色ではなく物です。

因みに同一絵の具メーカーが作る同一色でも
色や練りにかなりばらつきがあります。

 

デッサン

1. モチーフを測ったりしてはいけません。 正確に計測して正確に転写するのは困難です。
もし出来たとして真のデッサンには成り得ません。

正確に見える画面を描くことが大切なのです。

2. モチーフと画面をチラチラ見ない事。

先ずモチーフをぢっと見て覚える

次に画面に視線を移して覚えた情報をその通りになる様な
描画材の使い方をする

分からなくなったら又モチーフに視線をもどす。

以上を繰り返して訓練するうちに頭の中に暗箱が出来上がりその中に
モチーフを自在な光源で映し出して見ることが出来るようになります。

3. どこを触っている(描いている)のか徹底的に明確に意識して描く事。
だいたいの線やトーンは絶対につけない事。

4. 描いたものを消してもゼロにはならない事を認識すること。
痕跡の残った画面が新しいスタート地点になります。

5. メゲナイこと。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS