金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

制作の現場で慣れ(記憶)は、プラスにもマイナスにも作用します。

制作の中でプラスに作用する慣れ(記憶)は、紙、鉛筆、絵の具、筆、キャンヴァスなど

画材が色々な場面でどういう状態を見せるかの経験です。

プラスに働く理由は、次のアクションを加えた画面の予測に役立つからです。

マイナスに作用する慣れ(記憶)は、描いたことがあるモチーフや

似かよった設定構図で制作することです。

以前に制作した場面が版画の版の様に思い出されて

今目の前の制作を邪魔してしまいます。

制作は終始ライブで一度きりの場面の連続である事が大切です。

音楽家が大切にする様にソノリテは、絵画制作でも大切です。

ミュージシャンがコンサートで言うノリと同じと思っていただいて構いません。

出来上がってしまえば、ぢっと佇んだままの絵の向こうには

画家の一度きりの演奏が在ります。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS