金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

マチエールについて その1

Toyofumi Kaneko | 2016 - 10 - 17

マチエールとは『絵の美感につながる絵肌』のことです。

絵肌とは『絵の表面の物質的な様子』の事です。

歴代の名画達はそれぞれ美しい絵肌をしています。

ファンアイク、ホルバイン、マンテーニャ、カラヴァッジョ、フェルメール、ゴッホ、

セガンティーニ、メグゼッパー、その他多くの画家達は独自かつ独特の絵肌を有しています。

例えば、フェルメールの絵とゴッホの絵は、それぞれ見たことが無い作品であっても

どちらが描いた絵か容易に判断できるでしょう。

また美しい絵肌であることは絵の中に描かれた図と同等以上

の重要度を持っていて、それぞれは相対的に関連しあっています。

描かれる図とマチエールの関係を確かめるために、

フェルメールの図でゴッホのマチエールにした場合と、

その逆にゴッホの図でフェルメールのマチエールにした場合の絵を想像してみると

どちらも台無しになることは容易に想像できるはずです。

マチエールは誰の絵であるか、個性そのものを語るその画家固有の言語です。

そのマチエールでしか表現することが出来ない美の世界があって

その画家が獲得した表現そのものであると言えます。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS