金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

本当の個性に至った画家達

Toyofumi Kaneko | 2016 - 11 - 25

今日は本当に良い作品を描いている画家を思い付くままに挙げてみます。

ダビンチ、ミケランジェロ、マンテーニャ、ホルバイン、ゴッホ、セガンティーニ、

ハウズナー、ジャコメッティー、若冲、ファンアイク、ピカソ、コーラップ、ボッシュ、

北斎、広重、豊国、クリムト、ムンク、ブラック、スーラ、ターナー、カラバッジョ、

フランチェスカ、歌麿、藤田嗣二、フェルメール、グリューネヴァルト、デューラー、

エゴンシーレ、モランディー、ラトゥール、

他にも居るはずですがパッと思い付いたのはこんなメンバーです。

この中には良い作品が一作だけの画家も含まれていますが

間違いなく本当の個性に辿り着いた画家達です。

お時間がある方は検索してみてください。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS