金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

鉛筆

Toyofumi Kaneko | 2011 - 12 - 23

ステッドラー社(ドイツ製)の鉛筆は色々なメーカーの中で、一番銀筆に近い品の良い付き方をするので、私はこのメーカーの鉛筆のみを使用しています。

鉛筆の削り方

鉛筆は芯だけをホルダーにセットしてシャープペンシル形式で使うものもありますが、ダイレクトなタッチ、手にしたときの肌合い、重さのバランス等普通の木の鉛筆にはかないません。
また鉛筆を削る時には手でなだらかな傾斜に削りましょう。

 

鉛筆削り器は傾斜が急過ぎて、鉛筆を十分に寝かせて使うことが出来ませんし、
芯をどれぐらい出すかの融通も利かないので使わないようにします。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS