金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

木炭、コンテは上手く使うと尖る

Toyofumi Kaneko | 2016 - 10 - 14

普段文字を書くときは鉛筆を研いで使い、ある程度書いたらまた研ぎ直しますね。

尖った状態にしておいて、使うと摩耗して丸くなる事は当たり前のことでしょう。

ところがタイトルにもある通り、木炭、コンテは上手く使うと先が尖って行くのです。

不思議だと思いませんか?

32年前美術予備校に通っていた私は、ある日デッサンが上手な

多浪している先輩の木炭が常に尖っていることに気が付きました。

何故そうなのか最初は不思議でしたが、その使い方を観察しているうちに

理由を納得しました。

木炭を木炭紙に付ける時に、木炭のどの部分でどういう付け方をするかを

当時の私よりもっと意識して描画していたのです。

詳しくは、『画材の神さま コンテ』を参考にしてください。

何処にどういう付け方をするかちゃんと意識して使うと

描き始める前よりも木炭やコンテは先が尖って行きます。

下の写真は使って尖ったコンテです。
画材の神さま|コンテ

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS