金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

キャンヴァスの丸め方

Toyofumi Kaneko | 2016 - 09 - 23

油絵は多くの場合木枠に張ったキャンヴァスに描かれるので結構かさばるものです。

十枚、百枚、、と増えて行けば保管場所にもかなりのスペースが必要になるでしょう。

止む無くキャンヴァス布を木枠から外してとって置く事になるかもしれません。

木枠から外した絵は丸めて筒状にすればかなりの省スペース化を

図ることが出来ますが、幾つか注意したいポイントがあります。

キャンヴァスを丸めるときは画面が外向きになる様に丸めてください。

また出来るだけ大きく丸める様にしましょう。

画面を外向きに丸めるのも大きく丸めるのも

麻布に乗っている絵の具の固着を考えた上での処置です。

次回広げる時に、画面を内側にして小さく丸めてあった場合の事を想像して頂ければ

絵の具が剥落する原因になることをご想像頂けると思います。

丸めたキャンヴァスは、トレシングペーパーで包んでおくと良いでしょう。

注:紙質によっては長い間に画面に付着して取れなくなってしまう恐れがありますし

ビニール系のものは絵の具表面に影響を与える恐れがあるので避けましょう。

いずれにしても致し方無く木枠から外して丸めるのだと言うことを忘れずに!

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS