金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

至高の油絵の具 『顔料濃度』

Toyofumi Kaneko | 2016 - 12 - 20

絵の具の命は顔料です。

その顔料をいかに高い濃度で絵の具にするかは絵の具メーカーの技量と良心に掛かっています。

良心と書いたのには理由があります。

顔料と乾性油を練り合わせたものが油絵の具ですが、

練り上がりの様子を調整する為に色に影響を与えにくい

体質顔料と言われる添加物がほとんどの場合、顔料に応じて加えられます。

油絵の具で一番大切なのは彩度、次に大切なのは顔料濃度です。

当然ながら体質顔料は出来るだけ少ない事が望ましい訳ですが

絵の具製造のコスト面では高くつきます。

残念な現実ではありますが、絵の具のかさ増しに体質顔料を

多く使っている絵の具メーカーも存在します。

下の写真は私が絵の具をテストしたものです。
IMG_4844 のコピー

写真の画面の上の部分に高濃度の油絵の具を出してそこにテレピン油を足して

筆で下方へ絵の具を薄め伸ばしてあります。

写真では分かりにくいかもしれませんが一番下の部分では

かなり薄く溶いた絵の具になっています。

顔料濃度の高さがお分かり頂けると思います。

私が使っている『マツダスーパー油絵の具』は世界最高の顔料濃度を持った絵の具です。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS