金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

絵を描くのが苦手な方へ

Toyofumi Kaneko | 2016 - 07 - 21

苦手意識がある方に絵を描いてみてもらうと、少し描いたところで

「ああ違う、出来ていない」と自分の画面を冷たい目で見てしまっています。

最初から出来ないと思って制作に集中することが出来ていない、これが原因の一つ。

誰が描いてもそんなに直ぐには絵にはならないものです。

二つ目は、例えば人を見るときにその人とそれ以外の境い目である

輪郭を辿って見ることはないでしょう?

ところが絵を描くと皆さん輪郭を描こうとします。

輪郭部は以前にも書いた様にとても厄介な場所なんです。

目、鼻、口、指、などを輪郭線で描こうとするのも同じです。

つまり無理なことをしてしまっている、これが原因の二つ目。

解決策を簡単に言うと、無理のない描き方で、集中して過ごせれば良いわけです。

『絵が上手く描ける自分の状態』を過ごして頂けるプログラムがあります。

私の絵画教室 絵画実践プログラムSECTION1課題3~5 がそれです。

このありのままに見て描く時間にどっぷり浸かって、

ある程度の長い時間を過ごすと今までよりリアルな絵が

いつの間にかに描けているはずです。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS