金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

制作速度

Toyofumi Kaneko | 2016 - 04 - 19

修練を積んだ巨匠達の制作現場では、1ヶ所を描きながら

離れた他の何か所もが同時に出来上がって行きます。

老齢のミケランジェロは、これから彫刻する石をぢっと見つめた後

若い彫刻家が彫る何倍もの速度で彫刻して行き

しかもその出来上がりはより素晴らしかった。

これが巨匠の仕事です。

制作の速度が自分で遅いと感じた時には

1ヶ所を描きながら他のか所を同時に完成へ向かう様に

描けていないと言う事です。

ノイズが無く高鮮度の作品は極めて短時間に描き上がります。

自分で「ん、捗りが遅い」と思ったらノイズが入り込んでいる証拠です。

制作時間に関しては、私の作品をご覧になる方々からも、

「この絵を描くのにどれ位時間が掛かりますか?」

と聞かれる事があります。

該当する答えは2つ。

一つは特別なクオリティーの時間で、凡庸な時間では測れないので返答不能。

もう一つは制作の洗練を獲得するのに掛かった時間。

こちらの答えは年齢分つまり「 五十年掛かりました 。」

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS