金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

虫食い算を解く様に描く

Toyofumi Kaneko | 2016 - 10 - 26

描き始めの何も無い白い画面は手強いものです。

画面の中に見応えのする面積が出来るまでは

無茶は禁物です、デリケートに接して行くことに徹しましょう。

数字のパズルに虫食い算と言うのがあるでしょう。

絵を描き進める時にも虫食い算の様に、

完成へのパズルを解くためには、描いて行く順番があります。

そして今の今手を入れることが出来る場所は限定されます。

そこを見抜いて無理の無い手の入れ方をして行ければ

滑らかな制作過程を経て絵が完成へ向かいます。

自然なルートに乗って制作出来ているかどうかの勘を養うことは大切な修錬の一つです。

獲得することが出来れば生涯に渡りあなたの制作において頼りになる感覚となります。

絵画制作はわからない事を相手にしなければならない世界です。

常に頼りになるものは少ないのでしっかりと育んで置くことが大切です。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS