金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

らせん状に形を観る

Toyofumi Kaneko | 2016 - 11 - 04

クロッキーやデッサンでヌードモデルを描く事は大変勉強になります。

何故勉強になるのかは、人体が持っている有機的なかたちから

大切な『かたちの観方』を学ぶことによります。

視覚は触覚に近い感覚です。

「舐める様に見る」とか「掌で撫でる様に見る」という言葉を

聞いたことが有る方も多いでしょう。

実際に目を閉じてモデルの身体を掌で撫でてみてください。

起伏を感じながら様々な方向に形を確かめて行くことが出来るはずです。

人工物の様に直線で構成されない有機的な形を捉えるには

あらゆる方向に起伏を追って行く観方が必須になります。

人体においては多くの場合、骨に付く筋肉はねじりなどの複雑な動きを可能にするために

骨に対して捻りの入った付き方をしています。

故に人体のかたち(起伏)を観る場合にも『らせん状』に表面を撫でる様に見る観方が必要です。

らせん状に形を把握して行くことは人体の自然な動きにも追従するものです。

部分を描いたところで終わっている様なクロッキーでも

全体の形を感じさせる事が出来るのはこの観方のおかげです。

IMG07982
私が19歳の時に描いた人体クロッキーです。

人体クロッキーの実践およびその他作例は→『人体クロッキー』

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS