金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

大きな絵を描いてみるメリット

Toyofumi Kaneko | 2016 - 08 - 10

制作場所も時間も画材もより多く必要な大作ですが

描いてみるメリットもいくつかあります。

ごく普通に筆で描く事を考えるとキャンヴァスと目までの距離は遠くても腕の長さ程度です。

100号を超える様な大きさの絵を描くときには画面全体は視野より大きいでしょう。

そうすると今描いている部分が全体の中でどういう見え方になっているのか

想像しながら描く事になります。

実際に時々遠くに離れて見て自分の想像と実際の違いを確認することは欠かせません。

大きな絵を描く事の最大のメリットは常に全体を意識しながら描く感覚が

自然に芽生えやすいことです。

絵を描く時 ←この中の4人目のわたしの事ですのでご参考まで

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS