金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

画家の根幹要素  強く焼き付けた意志と貫き通す力

新しい巨匠が生まれるごとに見かけ上、残された新しい個性は一つ減る事になります。

『類型を好まず』

絵画はソックリさんを嫌います。

新しい個性を獲得しようとする事は既成の美や芸術そのものに

喧嘩を売るようなもので言うなれば創造的な破壊活動です。

そもそも既に美しい絵画があるのだからそれらを眺めていればよいのに

掘り尽くされた美術鉱山に、「一丁当ててやるぞ!」と出かけて行くのですから

美術ファン的な感覚では太刀打ちできるはずが有りません。

テーマを設定したからには好き嫌いはどうでも良いと書いたのもその為です。

『つべこべ言わず諦めてやる』

この無謀な試みを成功させる為の最大の要件は、

『強く焼き付けた意志と貫き通す力』

これに尽きます。

追伸

昨年1月11日に始めた本ブログは今日で丁度一年。

当初目標とした一年間欠かさず毎日続ける事と

三十数年前に絵を本気で志した自分へ向けての時間を遡ったメッセージは

大まかには全て書いた気がします。

もう少し続けてみるかどうかは明日の風に任せることにして

ひとまず筆を置くことにします。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS