金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

銀筆(シルバーポイント)

Toyofumi Kaneko | 2011 - 12 - 23

鉛筆が発明される以前は、銀そのものを使った『銀筆(シルバーポイント)』がデッサンの画材としてありました。レオナルド・ダ・ヴィンチも多用しています。

金子豊文|画材の神さま|シルバーポイント

普通の鉛筆芯専用フォルダーにセットして使用することができます。

金子豊文|画材の神さま|シルバーポイント

銀筆は支持体(地塗りをした紙)に対してとても品の良い付き方をします。
また描いてすぐはグレーですが、時間が経って酸化すると赤味のある独特な味わい深い色に変化するのも魅力です。
これは僕が18歳の時に描いたダヴィンチの模写です。

金子豊文|画材の神さま|シルバーポイント

銀筆(シルバーポイント)をホルダーにセットしたものを
池袋の『画材あ~る』で入手することが出来ます。

画材あ~る 〒171-0021東京都豊島区西池袋4-2-15 
http://www.ar-t.jp/

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS