金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

究極の筆 『コレクション』

Toyofumi Kaneko | 2016 - 12 - 15

究極の筆 『コレクション』

1週間に渡って紹介してきた究極の筆ですが

今日は普段使うことは無い特別な筆達を紹介して

シリーズ『究極の筆』を結びたいと思います。

下の写真の筆の毛に注目してみてください。

IMG_4885 のコピー

IMG_4886 のコピー

これだけの毛足の長さを持つ筆は材料面から今後は作ることが難しいと思います。

上の3本はイタチ毛の筆で下の4本はネコ毛の筆です。

筆作りの匠の技と素材である毛の両方が揃った瞬間にしか生み出されることの無い

正に究極の筆たちです。

追伸

筆先が一点に集まるかどうか

腰があるかどうか

絵の具の含みはどうか

筆跡の残り具合はどうか  

など筆に求められる性質は各シーンに応じて色々有りますが

共通して求められるのは筆先が一点に集まるかどうかです。

筆匠 上村 さんの筆はどれも絵の具を含んだ瞬間針先のシャープさを生み出します。

『筆匠 上村(ヒッショウ カミムラ)』   TEL 03-3990-1626

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS