金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

制作中は自分の画面を見続けていますから

目が麻痺するのは当たり前です。

その麻痺が「自分の画面を見る時の思い込みです」

客観的に自分の画面を見ることは大変難しく

画家は色々な対処法を持っています。

以下にその例をいくつか上げてみます。

1.画面を鏡に写して見る

2.画面を上下逆さまにして見る

3.画面をイーゼルから別の場所に移動して見る

4.画面を視野に入れたままピントを他の所
(例えば画面向こうの壁)に合わせて見る

色々ありますが、一番確実なのは時間を置く事です。

一旦日常生活に戻り、何か趣味など他の事に集中してみるのも良いですし、

風呂に入り食事をし適当にリラックスして眠るだけでもOK。

翌日アトリエに入って目に飛び込んでくる

画面の第一印象があなたの絵の現状です。

グーッと集中した後、サラリと画面から離れてあげる

制作のリズム感は大切です。

追伸

ある彫刻家が気に入らないデッサンを

「明日になれば良くなっているだろう」

そう言ってその日の制作から離れたのを思い出します。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS