金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

絵を描くのにモチーフが必要な理由

Toyofumi Kaneko | 2016 - 07 - 08

絵を描くのにモチーフが必要な理由は以下の二点です。

1. 明確なヴァルールを得るため

2. 画面の見応え感を高めるため画材から絵の部分へ及び画材から絵の部分そして絵の強さへ 参照)

1. についての説明

画面内のヴァルールをモチーフ無しで決めることは困難です。

モチーフ無しで大体のところまでは描き進めることは出来ても

そこから先のキメの仕事をすることは困難です。

ヴァルールが決まらない画面はピンボケ状態と同じです。

レンズでピントが合うのは一点であるのと同じように、

ヴァルールはシビアなところで決まります。

モチーフがあれば、A地点はB地点より手前、B地点よりC地点が手前、、、

という具合に各場所の明確さが色々な要素について担保されます。

モチーフが在ることで生じる制限は、ヴァルールを決めるうえでの

便利な物差しとして使えるのです。

2. についての説明

自明の理と言えるでしょう。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS