金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

制作中の私は呼吸周期がゆっくり長くなります。
脳の情報処理は桁違いの速度に達し深い集中状態に入ります。
そこでは私は美を使い宇宙の全知とコンタクトします。
様々な美の比率を使う結果出来上がるのは
美で構成された画面となり鑑賞者を飽きさせることは無いでしょう。

この深い集中状態の中で様々な理解や発見が訪れるのですが
直接的に考えていた訳でもないことが何故突然わかるのか不思議でした。
最近になり私が無意識に試みて来たことが
「芸術による分野を越えた人類の全智の統合」である事がわかり謎は解けました。
これまでの色々な発見や理解は全智統合のための部品だったわけです。

蓄積されていく理解や発見によってやがて組み上がる智の統合体は
破綻が見え隠れしている人類の未来の在り方にとって光明となるはずです。

人類の在り方が正しければ全ての生き物たちも幸いです。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS