金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

制作の極意 4.比較して観る

Toyofumi Kaneko | 2016 - 09 - 07

比較して観る

制作での観るには色々な種類のものがありますが

モチーフ、自分の画面、それぞれの観るに共通して大切な事があります。

それは比較して観ると言うことです。

絵を描く時の観るは『明確に』そして『比較して観る』です。

AとBを比較した関係を捉える事ができればAとBを同時に完成に向かわせる事が出来ます。

分かり易い例として、AとBが隣り合っている場合には

両方を同時に捉える事が出来る場所があります。

それはAとBの境目であるキワです。

キワの様子を描く事はA側とB側両方の関係を描く事につながります。

キワが出来ればその表情をA側へとB側へそれぞれ延長してあげることで

自然にAとB両方が描きあがって行きます。

離れた場所同士であっても同様にAに対してCはこの感じという様に

構図、位置、色、立体感、細部情報、等々全て比較して観る癖をつける事が大切です。

制作の極意 『必ず2か所を比較して観る様にする』

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS