金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

絵の完成、筆を置くタイミング

Toyofumi Kaneko | 2016 - 05 - 11

絵が出来上がったかどうかの判断は、描き手の技量とも密接な関係があります。

総合的にみて一番良い状態の時に完成としなければなりませんから

現在の先を読む力も必要になりその判断は大変難しいでしょう。

制作は完成に向かって真っすぐに進むものでは無く山あり谷ありです。

絵を良くするためにわざと一旦壊して描き直すことで

今よりも高いピークを狙ったりもしますね。

描いたぶん更に絵が良くなるのであればもっと制作を続けなければなりませんが

加筆することで他の要素が目減りして行く様であれば判断のしどころです。

一概にはいえませんが、数学の指数関数曲線で言う

極値近辺に差し掛かったと思ったらそろそろ筆を置くタイミングです。

ノリの良い未完で終わらせるのがコツです。

永遠の未完、これ完成なり。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS