金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

「色の住所」

Toyofumi Kaneko | 2016 - 02 - 14

下の写真は色立体と呼ばれるものです。

日本色研 ライト色立体

日本色研 ライト色立体

絵の具で作り出すことが出来る色の全体像を数百色程度にしてわかり易くしたものです。

色立体の中心縦軸はてっぺんが白で最も明るく、一番下が黒です。
各色相(黄赤紫青緑などの色)の一番外側にある色が最高彩度の色です。

絵の具は各色相の最高彩度の物を選ぶことが大切です。
混色によって様々な色を作る事ができますが、彩度を上げることは出来ないからです。
逆から考えれば、各色相の最高彩度の絵具を持っていれば
その他の全ての色を作りだすことが出来ると言う事です。

パレット上にセレクトする十数色程度の絵の具から
「全ての色が作り出せる」  素敵だと思いませんか?

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS