金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

リアルの度合い

Toyofumi Kaneko | 2016 - 06 - 10

リアルは鑑賞者の記憶を アテ にすることで成り立ちます。

目が開いたばかりの赤ん坊にダビンチのデッサンを見せても

紙に沢山線が引かれているようにしか見えないはずです。

人物デッサンが描かれていたとして、

そこにリアルを感じるのは、人間を見たことがあって

脳のどこかに人間の特徴を蓄積して知っているからです。

一方、描く側の画家は、人間の特徴をより詳しく理解している事で

その特徴を画材に変換することが出来ます。

画家に必須なのは、モチーフに対する深い理解と画材に対する深い理解の両方です。

その度合いに応じてリアルの発生の度合いも変わります。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS