金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

思い込みの壁 概略

Toyofumi Kaneko | 2016 - 03 - 26

絵画制作において思い込みはほとんどの場合障害として働きます。

絵を描く事に関係する思い込みは大きく分けると以下の三つです。

1. モチーフを観る時の思い込み
2. 画材の使い方についての思い込み
3. 描いている自分の画面を見る時の思い込み

それぞれ猛者揃いである事はみなさんも制作の中で実感されていることと思います。

目の前にあるモチーフはごく当たり前に見えているにも関わらず
何故見えた通りに描けないのか不思議に思いませんか?
『絵を描くには何か特別な才能が必要なのか?』

そんなことはありません。
見えた通りに描けない原因は上に挙げた3つの思い込みが
複合的に絡み合って邪魔をしているからです。

今日から数日間、制作の障害になっている思い込みについて書いてみたいと思います。

数日後、絵画制作が急に上達していることは無いかもしれませんが
「敵将を知るは勝利への近道」
きっと制作のどこかで役に立ってくれると思います。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS