金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

理を悟る間合い

Toyofumi Kaneko | 2016 - 08 - 15

わかる瞬間は突然やって来ます。

わからないに対して徹底的に追い込む所まで到達しなければ

わかる瞬間を味わうことは出来ないものです。

臨界までは自力で、そこに一寸したトグルがあれば問題は解けます。

私の場合は絵画芸術ですが、様々な分野のテーマある人達が行う気分転換は

お休みの時間ではなく、日頃取り組んでいる事柄を脳に整理させる時間として働きます。

何も特別なメニューを用意しなくてもただ眠るだけでも気分転換です。

そう言えば今から15年ほど前、アトリエの壁に「十夜不眠」の張り紙をして

一日20時間制作して過ごす日々を数か月間続けたことあります。

一生懸命や努力はキリが無いものです。

自分を壊す手前で無理を悟り、自らを助ける間合いはその時身に着けた気がします。

昨日書いたことや今日書いたことは32年前の自分に知らせて

置きたくなったので記しました。

追伸

十夜不眠はとよふみの当て字です、今は毎夜大変良く眠っています。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS