金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

『抽象絵画』についての説明(補足)

Toyofumi Kaneko | 2016 - 06 - 25

抽象絵画(芸術)で行われる行為は以下の2つに要約されます。

1.モチーフ(現実)を構成する『ある要素』を抽出する。

2.抽出した『ある要素』を延長し、できるだけ少ない要素で絵にする。

目の前に抽象絵画があるとき、本当に抽象できているかを見分けるのは簡単です。

『何らかの物凄いリアリティーが在るかどうか』で判断できます。

ピカソ  ゲルニカ  351x782cm

ピカソ  ゲルニカ  351x782cm



ゲルニカでは図の要素を最大に延長し実際にはあり得ない

奇形を超えた図を探し出しています。

それは白黒の色彩と相まって戦争がもたらす悲惨のリアリティーを

観る人に見事に伝えています。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS