金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

お札の出来栄え

Toyofumi Kaneko | 2016 - 04 - 13

普段何気なく使っているお札、一万円、五千円、千円には歴代の人物が描かれています。

お札も一種の版画ですが、描かれている人物の出来映えが最も上手かったのは

ひとつ前の千円札に描かれていた夏目漱石でしょう。

IMG_4259 のコピー
上手いので一枚とってあります。

何年前か忘れましたが、お札が今の物に代わった時にはちょっとがっかりしました。

最近はほとんど見かけなくなった漱石の千円札ですが

もし見つけたら今の物と見比べてみると違いがわかると思います。

一万円札の福沢諭吉は前シリーズと同じですが

原板がくたびれてきたのか、版が浅くなっている様に思います。

最初の頃のお札を持っていないので比較出来ないのが残念ですが、、。

追伸

今から25年ほど前、ビール瓶を並べて描いていた時には

一本一本の瓶の形の違いが見えました。

絵を描くときの眼とは、そう言うものです。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS