金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

切れ目のない時間

Toyofumi Kaneko | 2016 - 05 - 20

絵を描くのが画家で、画家を志す方は絵を描く場面ばかり考えるかもしれませんね。

私を含めて30年前当初考えなかったことなので後進諸君の為に記しておきます。

画家には絵を描いていない時間はあっても休みはありません。

旅行に出ていようが映画を観ていようが、はたまた夢を見ていようが

半ば職業病的に「これを描くには、、、、」とか「ん、おもしろい形だなー」とか

制作に付きまとわれた一生を送る事になります。

時間の采配に融通は利く様でも、絵に見張られた切れ目のない時間が画家のそれです。

数十年後きっと、会社勤めの方たちが言う「明日は休みだー」がうらやましく聞こえますよ。

御覚悟は宜しいですか?

私自身こんなことを書いていたら、もしまたこの世に生まれてくるなら

大海に独り浮かぶ海月がいいなと思えて来たりして。

IMG09901 のコピー

また明日。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS