金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

制作の羅針盤は『違う』の感覚

Toyofumi Kaneko | 2016 - 05 - 10

私は制作中、手を加えている場所以外を何カ所も同時に観ながら制作していますし

視野の中に『違う』が無いか、今手を加えている事で

どんな変化影響が周りにおきているかを広く認識しています。

そんな絵画制作する上での羅針盤となる感覚が『違う』の感性です。

『違う』は制作が、いい感じの軌道から外れていないか常に見張ってくれる有難い存在です。

『違う』が発生しなければ、制作中の画面は完成まで手を引いて連れて行ってくれます。

『違う』は真の個性に至るまでのたった一人の案内人です。

『違う』 = こうではない、いい感じから外れた、

追伸

私が独自画法『白亜地刻描』に辿り着けたのも『違う』のお蔭です。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS