金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

【第34話】アートフェア東京2012

Toyofumi Kaneko | 2012 - 04 - 03

今年も盛況だったアートフェア東京が終わり昨日アトリエに戻った。
御来場の方々から聞こえる生の声は、私の制作の確認や糧、
そして考えもしなかった第3の視点となり大変有意義な時間を過ごすことができた。

「猫が描いてあると思って近づいて見たら、人の心が描いてあった。」

「このブースに来て目が覚めました、これを見れただけで来て良かった。」

「遠くから見たら古典的、近づいたらポップ、もっと近寄ったら驚きの世界が見えた。」

「リアルだけじゃない、リアルとそうでないものが破綻無く同居している。」

「若冲も真っ青、勝ってる。」

「地球上の人間という生き物が描いたんじゃないみたい」

「You are Old Master」 等など

展示ブースを少し離れて、私の作品に見入られる方々の後姿を眺めていると、
皆さんの心の中に出来上がった、それぞれの絵が見える様な気がした。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS