金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

寛解の夜

Toyofumi Kaneko | 2016 - 10 - 15

この10日間我が家は大変な時間を過ごしました。

お兄ちゃん猫のネオが腎不全に陥り2回の入院と2度の急患。

ドクターの所見は腎不全ステージ4でした。

末期です。

今が生きた姿を見れる最後かもしれないという思いは

悲しみと一緒に閉塞感を連れて来ます。

幾多の難所を乗り越えたネオは今、細の部屋でよく眠っています。

当初覚悟をして臨んだ闘病は奇跡的な経緯を辿り

検査の数値もほぼ安全圏に落ち着いてくれました。

今月の末で11歳になるネオは若く見えても人間の年齢で言えば還暦。

危うく失いかけた命を家族みんなで取り戻した時間は

私たちに色々な事を考えさせてくれました。

寝顔を見ながら、特別なケアも無く過ごしていけそうなこれからの時間を

どうしてあげようか細と二人考える寛解の夜です。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS