金子豊文の公式サイト|美感のルネサンス

世界唯一の白亜地刻描の画家

真夏の楽しみ

Toyofumi Kaneko | 2016 - 07 - 07

まだ七夕なのにやたらと暑く猫たちも伸びきっています。

エアコンのお世話になると油絵の具の乾燥は早くなり

絵の具にせかされる様な気がして、こうなると夏本番です。

アトリエにどれだけ居れるかが勝負でもある私の毎日は

これといったイベントもないので、ふらりと気分転換に出かけたりしますが、

夏の間の楽しみの一つに蓮田見物があります。

蓮の花は近くで見ると大きくて、質感も独特な格調高い花です。

それだけでなく季節外れに通っても何もない沼地が、夏の間だけ緑の葉に覆われ

その間に白や桃色の花が見え隠れする景色のコントラストと

一年単位でそれを繰り返し続ける蓮のパワーが好きなのだと思います。

IMG00314 のコピー

名所景勝地ではないけれど、蓮田見物おすすめです。

イオンの墓にも毎年飾らせてもらっています。

→【金子豊文・美感のルネサンス 】トップページへ戻る

RSS